交通事故による『むち打ち損傷』でお悩みの方へ

 交通事故による負傷は全身多岐に渡りますが、こと『むち打ち損傷』に関しては他覚的所見が乏しく疼痛が定量化できないために「むち打ち損傷は精神的なもの」とされてしまい早期に治療を打ち切られてしまうことも多いようです。

 

 『むち打ち損傷』は、診断名からすると『頚椎捻挫』や『頚部挫傷』となりますが、頚部は重たい頭を支える役目や、重要な感覚器が集中する部位でありデリケートな筋肉や神経、血管が集中しているため、場合によっては回復に長期を要する場合があります。

 

 その為、『むち打ち損傷』は単なる『捻挫』や『挫傷』という診断名で表現することには違和感を覚えます。

 

 交通事故のようなハイエネルギーな衝撃で被った頭頚部の損傷においてはレントゲンやMRI等の画像診断等の検査による他覚的所見以外の情報収集が不可欠であり、患者様に寄り添ったカウンセリングや施術なしに治癒に導くことは困難であると考えております。

 

 『むち打ち損傷』のリハビリにおいて、一般的には牽引・温熱・電療等の物理療法等を行いますが明確な改善法は確立されていないのが現実です。

 

 当院では『むち打ち損傷』を改善するに当たり、患者様の辛い訴えに耳を傾けその方の症状にあった施術法を個々に選択して最適な改善策を考えることを治癒への第一歩と考えています。

選ばれる理由

お役立ち情報

Q&A

Q&A一覧はこちら

むちうちにでお悩みの方は丸の内接骨院にご相談ください

1 むちうちは早期対応が大切


 むちうちは最初こそ痛みが軽い場合も多いケガですが、十分な処置をせずにそのままにしていると、痛みが強くなってしまうおそれがあります。頭の重さは体重の10分の1(約10%)ほどあります。その重さを支える首をむち打ち損傷で痛めてしまうと、筋肉以外にも神経などを損傷する可能性があります。むち打ち損傷は見た目以上に体に与えるダメージが大きいです。

 

 また、ひどい場合には慢性化してしまい、長い間痛みや動かしにくさに悩まされることもあります。それは、日常生活でなかなか安静にしづらい首のケガだからです。むち打ち損傷による首のケガは、長期化してしまい症状が改善しづらい面がありますので、初期の対応に注意が必要です。

 

 首や肩に痛みや違和感があることで、筋肉以外に神経などを痛めていることで、集中力や睡眠などに影響が出ることも考えられます。したがって、早めに適切な施術を受け、むちうちの早期改善を図ることが非常に大切です。

2 むちうちの施術を得意とする丸の内接骨院へ


 むち打ち損傷の場合、痛みが出ていても見た目の変化が生じにくく、また、痛みや違和感が首だけでなく肩や背中などにまで生じてしまうこともよくあります。

 

 そのため、出ている痛みや違和感をしっかりと改善しようと思うと、むちうちに対して高い技術や知識、経験を有している接骨院に行くことが重要となります。

3 丸の内接骨院に皆様のむちうちをご相談ください


 当院は、これまでに数多くの交通事故のむちうちのご相談をいただいております。

 

 交通事故の強い衝撃を受けた後、痛みや違和感がある場合には当院にご相談ください。

 

 見た目でわかりにくいむち打ち損傷の箇所を丁寧なカウンセリングと検査で特定し、クライアント様にとって最適と考えられる方法で施術させていただきます。

受付時間

 
午前 --
午後 --

午前10:00~午後8:00

【休院日】
土・日・祝日

所在地

〒100-0005
東京都千代田区
丸の内3-1-1
帝劇ビルB1F

03-6268-0035

お問合せ・アクセス・地図

丸の内接骨院はむちうちにしっかりと対応します

当院では質の高い施術のご提供を心掛けるとともに、当院独自の他院では受けられないオリジナルの技術を用いた施術をおこなっております。当院を代表する技術の一つが交通事故によるいわゆる「むちうち」に対する「首・肩」へのアプローチです。

通常、当院では質の高いサービスをご提供するために健康保険を用いた施術は行っておりませんがむちうちによるおケガの場合は基本的に無料ですのでご安心ください。

また、一部の整形外科では湿布や鎮痛剤の処方のみであったり、単に医療機器による物理療法のみの簡易なリハビリテーションしかおこなっていない病院やクリニックもございますのでご注意ください。当院では、オリジナルの手技療法はもとより各種医療機器を用いてクライアント様の早期回復に努めております。

丸の内接骨院ではむちうちのクライアント様には酸素カプセルを併用した施術も無料にてご提供しております。

PageTop